フォトウェディング通信┃10万円以下で利用できる人気の撮影

カメラ

衣装替え対策

前撮り写真でお客様に楽しんでもらうカップルが増えています。

ウェディング

近年、結婚式の衣装替えの回数を減らす新郎新婦が増えています。その理由として衣装替えの回数が多いと披露宴の際に席を外さなければいけない時間が長くなるため、招待客とともに過ごす時間が少なくなることを好まないカップルが増えていることが大きな理由です。それ以外の理由としては衣装替えが多くなれば、ドレスのレンタル費用やヘアーメイク代、ブーケ、ブートニア代など追加費用がかなり掛かってしまうことが挙げられます。 今後も衣装替えの頻度は減る傾向にあると考えられます。その補填としてカラードレスや和装で前撮り写真を撮影して、披露宴会場でその前撮り写真を飾り、招待客に見てもらうことで衣装替えはしなくても楽しんでもらえるような工夫をしています。

多くの写真を撮ってもらいましょう。

前撮りをしたことで安心して当日にあまり結婚写真に力を入れない新郎新婦もいるのですが、結婚写真はできる限り多く撮っておくことをお勧めします。結婚式は一生に一度の晴れ姿です。後で撮影したくてもできることではありません。結婚式の楽しかった思い出の時間を少しでも形に残すためのツールとして結婚写真はとても重要なのです。後悔しないように多くの写真を残しましょう。自分達の結婚写真だけでなく会場やブーケ、控え室の様子やリングピロー、招待客の様子など全てを撮ってもらいましょう。そうしておけば、後から確認した時でも写真をしっかり見返して思い出をよりよく振り返ることができるから最高のものとなります。